ホーム >> News&Topics
News&Topics

記事一覧

健康教育参観日学習

城北小学校の健康教育参観日学習に当院から歯科衛生士8名が参加しました。第2学年、全4クラスを対象に、自分の歯の様子や、6歳臼歯の特徴を知ること、ブラッシング指導を行いました。

謹賀新年 2012.1.1

皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
みちだ歯科クリニックスタッフ一同

iBicon Network学術講演会総会  東京

当院で採用しているBiconインプラントの講演会に参加しました。5.7mm Bicon SHORT Implant(USA)の日本での臨床応用が開始されて14年。高い成功率により確実性と予知性が実証されたSHORT Implantのさらなる可能性、そしてこれからのSHORT Implantについての講演会でした。
 主な演題は
 ・インプラントトラブルリカバリー
 ・バイコンショートインプラントの利点と臨床例
 ・静脈内鎮静下におけるショートインプラント処置
 ・歯科技工士が考える最高のインプラント補綴とは
 ・What's coming next? :次世代のShortとNarrow
 ・インプラント治療における画像診査の有用性
 
開業医として臨床的にたいへん有意義な講演会でした。今後のインプラント治療に活かして行きたいと思います。  

国際歯科シンポジウム 東京フォーラム

「これからの歯科医療の姿を考える」をメインテーマに国内外から研究者、臨床家による多数の講師が招かれて開催されました。歯科医師のみならず、歯科衛生士、歯科技工士向けのセッションも多数設けられ会場はどこも超満員でした。中でも、「失われた欠損機能の回復のための歯科臨床技術の進化」のセッションでは、インプラントと義歯を併用する治療法についての適用条件、術後に想定すべき問題とその対策など、極めて参考になる内容でした。安全で安心なインプラント治療が求められる今日、今後のインプラント治療に活かして行こうと思います。

日本歯科麻酔学会総会・学術集会

日本歯科麻酔学会総会が10月7日~9日の日程で神戸国際会議場で行われ、仕事の都合で9日だけの参加でしたが大変勉強になる学会でした。
 近年の歯科医療は歯科麻酔学を基盤とする全身管理学や、安全・安心を主眼に置いた医療の遂行は、歯科医療の質を高める上で極めて重要であるとの認識が持たれるようになっています。とりわけ、高齢有病者の受診率が増加し、心身障害者や寝たきり患者さんの歯科治療も積極的に行われるようになったことから、安全で快適な歯科治療が提供できる体制整備が強調されており、今後ますます歯科麻酔学の重要性が増してくるものと思われます。鳥取大学医学部付属病院麻酔科での研修経験を踏まえ、今後も患者さまにより安全で安心な歯科治療をご提供できればと思います。

Zimmer Implant Seminar 2011, Tokyo

精神鎮静下での手術見学セミナーを受講しました。精神鎮静法は患者様にストレスを与えないで手術を行う有効な方法です。実際の手術見学は緊張感に加え自分自身の手術を確認するためにもたいへん有意義なセミナーでした。

日本口腔外科学会教育研修会

京都大学百周年時計台記念館にて第36回日本口腔外科学会教育研修会(口腔四学会合同研修会)を2日間の日程で受けました。
テーマは「がん治療に求められる最新基礎知識」。

・がん薬物療法:抗体療法を中心に
・乳がん診療に病理診断はなぜ必要か?
・口腔領域の放射線治療
・緩和ケアとエンドオブライフケア
・がん治療と倫理
・がん治療と専門性 口腔外科におけるがん治療医
・がん化学療法における制吐剤使用ガイドライン
・がん発生要因と予防

がん治療に関する幅広い内容の研修会でした。中でも薬物療法は近年特に著しい進歩を示しています。その最大の要因が、がんの分子異常を標的とした有効な新薬の臨床導入がその主流を占めています。これら新薬開発の背景には過去30年間にわたる分子生物学研究により、がんの生物学的解明が進み、薬物療法の標的を大幅に増加させたこと、さらに遺伝子工学やコンピューターグラフィックの進歩などを基に創薬技術が大きく進歩したことなどが影響しています。
2日間のハードな研修会でしたが臨床医として勉強になる内容でした。口腔外科専門医として今後の臨床に活かして行きたい思います。

Wi-Fi接続サービス始めました

みちだ歯科クリニック院内にて
Wi-Fi接続サービスがご利用いただけるようになりました

謹賀新年

今年も皆様にとって
福の多い一年となりますように。

スタッフ一同がんばってまいりますので
よろしくお願い申し上げます。

第55回日本口腔外科学科総会・学術大会

先月、口腔外科分野で日本最大の日本口腔外科学会総会(幕張メッセ)に参加しました。

「国民の期待に応える口腔外科」をメインテーマに「専門性を基盤に連携医療を推進する」がサブテーマで国内、海外から寄せられた演題総数は600題。メインテーマに関連したシンポジウムも多数行われました。また、「本当は怖くない歯科インプラント  安心して歯科インプラントを受けるための基礎知識」をテーマに、東京歯科大学オーラルメディシン・口腔外科学講座臨床教授の小宮山先生による市民講座も行われました。

口腔外科は口腔・顎顔面領域の多彩な疾患を対象としています。特に口腔がんのように生命予後に重大な影響を与える疾患の対応にも重要な役目を担っており、社会から大きな期待を寄せられ、口腔外科の専門性を基盤として歯科医師、医師をはじめ歯科衛生士、看護士等のコメディカルそして行政を含めた多職種との連携を今後いっそう推進していくことが重要であると考えられます。

当クリニックでは口腔外科専門医として特に「口腔がんの初期病変に対する早期発見」に今後とも努めてまいりたいと思います。

 
  

 
 
 
みちだ歯科クリニックでは患者様に安心して治療を受けていただくため、オペに使用するインプラントは、製品番号とロットで徹底管理しております。また、治療器具には超音波洗浄、紫外線殺菌、高圧蒸気滅菌を行い、その他消耗品は1回ごとの使い捨て(ディスポーザル)製品を使用し、常に新品を使用しておりますので、清潔で安心です。